日本で一番最初に有名になったタイ人インフルエンサー「Beam Sensei」

タイ市場のインバウンド担当者で「Beam Sensei」を知らない人はいない。
と言っても過言ではないくらい知名度が高いインフルエンサーがBeam Senseiです。

Beam Senseiについて

2012年にタマサート大学 教養学部・日本語学科を卒業。

その後、国費研究生として東京学芸大学院で勉強しながらYouTubeを活用し、「日本人にはタイ語を、タイ人には日本語を」教え、チャンネル登録者数を伸ばす。

同時期に多くのイベントMCを経験し、ファンを増やして行く。
2014年の2月に北陸で情報発信をするブロガーとしても活躍。

Beam Senseiのブログ
http://www.beamsensei.org/

その後、かわいすぎるタイ人日本語教師としてタイランドハイパーリンクスにも登場
https://www.thaich.net/news/beamsensei.htm

2014年以降は、自治体のPR動画を作成したり、Facebook Pageやブログを通して情報発信をしている。
大学院卒業後は、タイに帰国し、仕事の度に来日している。

Beam Senseiの主なチャンネル

Beam Senseiの持つ媒体チャンネルは以下の通り。

Facebook Page
https://www.facebook.com/BeamSensei

YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/BeamSensei

ブログ
http://www.beamsensei.org/

Twitter
https://twitter.com/BeamSensei

Instagram
https://www.instagram.com/beamsensei/

fromJapan Beam Sensei ページ
https://fromjapan.info/th/beamsensei/

動画の撮影・編集・YouTubeへのアップ、その全てを一人でやることが出来るBeam Sensei。

日本語も堪能で事前の打合せも全て日本語での対応が可能な為、招聘した担当者も言葉の心配がなく撮影を進めて行くことができます。

Beam Senseiの魅力

とにかく良い子。経験豊富でインフルエンサーとしての仕事を理解しています。
撮影も編集も自分でやっている為、ここでこの映像を撮っておくと後で使える等全て把握しています。

芸能人ではなく、所属事務所もない為、招聘にかかる費用も比較的安いのが魅力の一つ。
撮影した動画の2次利用も、写真をパンフレットに使う許可もBeam Senseiに相談が出来るのでPRの幅が広がります。

まだ、呼んだことのない地域・企業の担当者の方は是非一度検討して見てはいかがでしょうか?

弊社では既に過去何度も招聘事業の一環としてBeam Senseiを起用し、自治体様・企業様の動画を作成させて頂いております。ご相談やお問い合わせはこちらから。

制作事例

近畿日本鉄道様タイアップ

東京モノレール様タイアップ