タイ人に人気の日本食は?訪日タイ人の食の好みを確認!

  • 2021年2月12日
  • 2021年2月12日
  • コラム
  • 0件

現在、タイでは日本食がブームで、「タイ料理よりも好き」と答えるタイ人も増えているようです。

そこで、タイ市場への進出を考えている飲食業関係者様のために、タイでの日本食事情を紹介します。

また日本を訪れたタイ人は滞在中どのような食事を好むのか、調べてみました。

タイ人が好きな日本食は?

様々ある日本料理の中でも、タイ人に人気の高いものをランキング形式でご紹介します。

1位.寿司

2位.うどんや蕎麦、ラーメンなどの麺類

3位.焼き魚、刺身、煮魚などの魚

4位.たこ焼き・お好み焼き

5位.天ぷら

出典元:Fun Japan Communications タイ人が好きな日本食 その意外な調査結果とは!?

寿司の人気が非常に高い結果となっています。ただ、生の魚を食べることに抵抗を感じるタイ人もいるため、全員「寿司が好き」というわけではありません。

また、タイ料理は辛いものが多いことから、味つけとしては辛味が強いものが好まれます。

唐辛子などと相性の良い料理も人気です。

タイでの日本食ブームと今後の可能性

出典元:https://www.foods-ch.com/world/1478499853951/

タイには多くの日本食レストランや居酒屋、また専門店(ウナギ専門店など)も多数あります。

かつて、タイで日本食といえば高級なイメージでした。

近年では、ラーメンチェーンやリーズナブルな寿司レストランなども多数出店しています。

また、富裕層や中間層をターゲットとした高級な日本食も需要が高まるとされており、気軽に食べられる価格帯の店から高級な店まで幅広く需要が伸びていくことに期待が持てます。

出典元:https://www.jetro.go.jp/agriportal/trends/bangkok/kitaohji.html

タイでの日本食は、素材が評価されている側面もあり、素材の良さを活かした料理が人気です。

特に日本と同じ食材を用いた、素材重視の日本食を食べたいと考えるタイ人も増えています。

価格面を考慮してタイ産の食材で代用した日本食よりも、多少高価でも本格的な日本料理を楽しみたいと考える方も増加傾向にあるようです。

例えば、日本産の食材を空輸し、鮮度の高い食材を提供する「トンロー日本市場」が人気なのもその一例です。
参考:トンロー日本市場

タイ人向けのメニュー開発をする際、素材にこだわるのも一考に値するかもしれません。

訪日タイ人、日本での食事の特徴

Kae B Yuki / Shutterstock.com

日本を訪れたタイ人観光客は何を食べているのでしょうか。

特に人気が高いのは、寿司や蕎麦、うどんなどの和食です。

和食は健康に良いというイメージも強く、なおかつ見た目にもこだわった美しい料理が人気です。

タイで提供されている日本食は、値段の割に味がイマイチな店も多く、来日時には「本物の和食」を探し求める方が多いと言われています。

また、タイ人は一度の食事摂取量が以外に少なく1日に3~5回食事をすることもあり、食後にデザートをよく食べます。

デザートはアイスクリームやチョコレート、ケーキなどの人気が高く、スイーツに力を入れたお店の需要も高そうです。

日本食の方向性

日本食はタイ人からの評価が高く、好まれている料理です。

今後、タイ市場に展開していきたいと考えている飲食業関係者様は、これらを参考に是非一度現地に足を運びご自身の目で確認して下さい。

タイでは2000年頃から健康志向の方が増えていて、2020年12月15日に発表されたJETRO(日本貿易振興機構)の調査によると、タイの日本食レストラン数は4,094店舗と過去最高に達しています。

中でもフランチャイズ展開が拡大した影響で、魚介類をメインとする寿司店が他の日本食の店舗数を上回るということもありました。

今後更に日本食を取り扱うお店が増えていくことが予想されています。

ただ、新型コロナウイルスによる事業環境の悪化もあり、撤退した店舗数も過去最多の726店舗でした。

このあたりも含めながらどのようにアプローチしていくのか考えていく必要があります。

参考:JETRO:日本食レストラン、過去最多の4,000店舗超え

参考元:観光庁資料