タイのコンビニでレジ袋が廃止。訪日タイ人へのノベルティに、オリジナルの「エコバッグ」がお勧めです!

2020年1月1日からタイのコンビニではレジ袋が廃止され、スーパーマーケットでは有料化になりました。

タイでは近年、海岸に打ち上げられたクジラの胃の中から大量のレジ袋が発見されたり、レジ袋が体に巻き付いたウミガメの死体が流れ着いたりと、ショッキングなニュースが続いています。

タイ人の環境保全に対する意識も変わりつつあり、今回のレジ袋の廃止、有料化も、比較的スムーズに移行できたようです。
実際、スーパーマーケットのレジを見ても、買い物客の多くがマイバッグを持参しています。

また、店側でも様々なエコバッグを用意しています。
大手チェーンの「Big C(ビッグ シー)」では、大きさの異なる不織布バッグを数バーツから販売しています。
また、「TESCO Lotus(テスコ ロータス)」が販売する再生レジ袋は、破れたら無償で交換してくれるとのことです。

左「Big C(ビッグ シー)」、中央「TESCO Lotus(テスコ ロータス)」の各店のレジ袋、右「タイをモチーフにするエコバッグ」(日系「フジスーパー」で購入)

”マイバッグ元年”のタイ。今、喜ばれるノベルティは「エコバッグ」!

「エコバッグ」は自分用、知人へのおみやげ用、日本で買ったモノの運搬用など、幅広く使え、旅先でもかさばりません。

地元観光地の風景、ゆるキャラ、日本の文字(漢字、ひらがな)をあしらったデザインなど、
作る側にとっても、様々なモチーフでオリジナリティを出しやすいグッズです。

さらには、タイ帰国後、日本のエコバッグを利用していただければ、”歩く広告塔”としての効果も期待できます!

選ばれるポイントは、“持って歩きたい”と思わせるセンスあるデザイン。

日本でも2020年7月からレジ袋有料化を義務付ける制度がスタートします。
比較的安価に提供できるお土産として、この機会にオリジナルエコバッグの製作、販売を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、タイ人に受けるデザインでオリジナルエコバックの制作が可能です。

興味があれば、価格や納期などお問い合わせお待ちしております。