訪日タイ人観光客はいつ戻る!?Google Trendを活用した予測の立て方

  • 2020年6月3日
  • 2020年6月3日
  • コラム
  • 0件

新規感染者が連日1桁台で新型コロナウイルスの抑え込みに成功しているタイランド。

今回は、そんな訪日タイ人がいつ頃から日本に戻ってくるのか!?

その予測の立て方を紹介したいと思います。

今回使うツールはGoogleが提供しているGoogle Trendです。

Google Trendとは?

Google Trendは、キーワードやトピックの検索回数トレンドを確認出来るWebツールです。

本ツールを活用し、訪日タイ人がいつ頃から戻り始めるか、予測を立てたいと思います。

まずはGoogle Trendにアクセスし、Google Trendの設定をタイ語に変更

検索キーワードまたはトピックを入力の部分に「日本旅行=เที่ยวญี่ปุ่น」と入力し、検索を実行すると

日本旅行に関するタイ人の検索状況が見てとれます。

データをダウンロードし、週単位で「日本旅行」の検索数を確認すると2019年11月3日の100をピークにそこからは下落

2020年3月22日に11まで下がってしまいました。

代わりに「日本 コロナ=ญี่ปุ่น โควิด」に関する検索数は

2020年2月9日から検索され始め

タイの旧正月ソンクランを含んだ4月19日に検索数のピークである100に到達しました。

本来、このタイミングで日本旅行を計画していたタイ人が状況確認の為に検索した結果が現れていました。

今後このGoogle Trend の機能を活用し、定期的に「日本旅行=เที่ยวญี่ปุ่น」の検索数を追っていけば、タイ人がいつ頃から日本に戻ってくるのか、ある程度予測することが可能かと思います。

Google Trandを活用し、タイ人の旅行検討期間を推測

多くのタイ人が例年旧正月にあたる4月12-15日かけて海外旅行へ出かけます。

そこで検索キーワードに「เที่ยว สงกรานต์=ソンクラン 旅行」と入力し検索すると

ソンクランが始まる3ヶ月前の2020年1月12日がピークで、ソンクラン2ヶ月前の2月16日も比較的多くの検索がされています。

上記数字からタイ人は訪日旅行の2-3ヶ月前に情報収集を始めることが見てとれます。

定期的に本ツールを活用し、日本旅行の検索数が上昇し始めた2-3ヶ月後にタイ人が訪れると想定し、受け入れ準備を始めてみてはいかがでしょうか?

是非ご参考までに。