タイへの単身赴任が決定! タイの生活で注意すべきポイントとは?

観光地として人気のタイ。しかし、暮らすとなると話は別です。
どのような家に住み、どのような生活になるのか、不安な点もあるかと思います。
仕事の緊張から開放される家に焦点を当て、タイの賃貸住宅事情を中心にご紹介します。また、トラブルから身を守るためのポイントも掲載。

タイへ単身赴任する人は是非参考にしてください。

タイ赴任での賃貸はどうするべきなのか?

一般的な駐在員が暮らす賃貸住宅には3種類あります。

・アパート

日本の賃貸マンションに相当。必要最低限の家具・電化製品はある。トラブルへの対応は早め。

・コンドミニアム

日本の分譲マンションに相当。設備は整っている。トラブルの際、オーナーとの直接交渉もしくは仲介業者を通じての交渉になるので解決に時間がかかる。

・サービスアパート

ホテルとマンションの中間。生活に必要なものは、ほぼすべて揃っている。フロントスタッフが常駐しているところも多く、なにかあった場合の対処が早い。掃除や洗濯などのサービスが付いている。

アパートやコンドミニアムでも掃除や洗濯のサービスを別途契約することはできます。

予算に余裕があればサービスアパートの方をおすすめします。

立地や築年数にもよりますが、アパートが一番割安で、設備の整っているコンドミニアムはアパートの倍くらい、掃除などのサービスが付いたサービスアパートはアパートの3倍くらいが目安となります。

以下の金額は、現地でタイ人が暮らす一般的な物件の相場観です。

・アパート:安いものだとワンルームで月5,000バーツくらいから
・コンドミニアム:安いものだと月10,000バーツくらいから
・サービスアパート:安くても月15,000バーツ以上

実際に物件を探して、比較してみました。
バンコク・スクンビット通りの日本人が多く住むエリアにある、BTSトンロー駅近くの1ベッドルームという条件です。(1バーツ=約3.5円)

どの物件も日本人が多く住んでいます。会社の規模にもよりますが駐在員であればこのくらいの家賃が一般的です。

・アパート(50平米、駅徒歩8分、築14年)=約20,000バーツ~
・コンドミニアム(50平米、駅徒歩10分、築9年)=約35,000バーツ~
・サービスアパート(約50平米、駅徒歩10分、築10年)=約55,000バーツ~

数週間から1年未満の短期・中期滞在であれば、日貸しや週貸しも行っているサービスアパートがおすすめです。金額的に余裕があれば、ホテルでの滞在を考えてもよいでしょう。

1年以上の長期滞在の場合は、アパートやコンドミニアムがおすすめです。

アパート・コンドミニアムの契約は、基本1年単位。中には1か月単位のものもありますが、1年未満の場合にはデポジット(敷金)が返金されないことが多いので、長期滞在に向いています。

タイには日系の不動産業者も多数あり、各社ともホームページで最新の物件を掲載しています。

この記事を参考にマッチするお部屋を探してみてはいかがでしょうか?

タイの日常生活で気を付けたいポイント


タイは治安の悪い国ではありませんが、トラブルに巻き込まれる可能性はあります。

危険を回避するためのポイントをご紹介します。

1.ホテルやサービスアパートでは部屋に備え付けの貴重品ボックスを利用しない

2.ベッドやクローゼット、シューズボックス以外で、貴重品を隠す場所を見つける

3.ひと目で日本人とわかる服装(新品、ブランド品)はしない

4.外出時はお金を分散させて身につける

5.夜間、女性一人での外出はしない

6.親しげに話しかけてくる人には警戒する

7.タクシーは配車アプリ「Grab」を利用すると安全度が高い

8.流しのタクシーに乗るときは、メーターのリセットを確認する

9.パスポートの盗難に備え、パスポートのコピーと証明写真を用意しておく

10.クレジットカードの盗難に備え、緊急連絡先を控えておく

11. 日本人を騙す日本人にも要注意!

タイの生活で不安要素を無くすために

タイは親日国であり、日本人が多く住む国でもあります。特にバンコクは日本食材店や和食店も豊富で赴任しても暮らしやすいです。

また物価が日本に比べ約3分の1なので、掃除や洗濯をしなくてもいいサービスアパートに住むこともできます。

ただし、きちんと自分の身は自分で守ることを心がけなくてはなりません。

現地での生活に対する不安があると、仕事でのパフォーマンスに影響が出てしまいます。

弊社ではタイの特徴を把握することができる資料を配布しています。仕事や生活のために活用したいと思われた方は、是非ダウンロードしてみてください。