訪日旅行の魅力を一気に引き上げる「レンタカー」という移動手段

訪日外国人によるレンタカーの利用数が年々増加しています。

特定の観光地に人が集中し過ぎる「オーバーツーリズム」解消のためにも
目的地を分散させることが出来るレンタカーの利用促進は有効手段のひとつです。

FITが8割を超え、訪問回数も7割が2回以上という訪日タイ人にとって、レンタカーの利用は心惹かれる選択肢です。
そこで、彼らにレンタカーの利用を促すプロモーションについて、まとめてみました。

タイ人にレンタカーをお勧めできるポイント

・タイは日本同様、右ハンドル、左側通行

・タイにおける日本車のシェアは9割を占め、車幅をはじめとする車両感覚などにも慣れています。

・写真好きなタイ人にとって、クルマだからこそ行ける写真映えスポットは魅力的。
特にまだあまり知られていない場所ならなおさらです。

課題

・基本ルールの理解
「国際免許証」の取得方法(ジュネーブ条約に基づく様式に準ずる)

・日本の交通法規の理解
タイのルールとの違いの紹介、説明

・交通標識の理解
 標識のイラスト一覧などで主要なものを覚えていただく

・有料道路の料金所、コインパーキング、ガソリンスタンドなどの利用方法

・事故発生時の対応方法
警察への通報、レンタカー会社への連絡方法など

課題対策

上記の課題をクリアする方法として、タイ語版のレンタカー利用の「ガイドブック」の制作が考えられます。
ただ、より充実したものを提供するには、自治体、道路公団、警察庁、レンタカー会社、駐車場会社など
様々な関連団体、企業の協力が求められます。

宮城県の事例紹介

そこで参考になるのが、訪日タイ人にレンタカーを利用していただくノウハウを紹介する
宮城県のサイト「ขับรถเที่ยวโทโฮคุกัน」です。
ขับรถ 車を運転する / เที่ยว 旅行 / โทโฮคุ 東北 / กัน 一緒に

http://japan-miyagi-road-trip.jp/

こちらのサイトでは、下記項目を紹介しています。

  • 訪日外国人にお得なハイウェイパス「Tohoku Express Way Pass」PR
  • 宮城県おすすめモデルコース
  • レンタカー予約サイト(トヨタレンタカー<タイ語>、ニッポンレンタカー<英語>)
  • 交通標識早見表、緊急時連絡先/指差し確認表
  • タイ語パンフレット(ルートマップ)
  • その他関連サイトのリンク

まとめ

確かに、レンタカーを借りた訪日外国人が関係する交通事故も増えています。
ただ、2020年の訪日外国人4,000万人と国内での消費支出拡大を目指すのであれば、
“いざという時”のことも踏まえつつ、「レンタカー」で日本を楽しんでいただく
環境づくりも前向きに考えるべきかと思います。

「レンタカー」関連施策に向けてタイ語の制作物作成、翻訳業務などお気軽にご相談ください。